Boatswain をコンテナとしてランする

OS から独立した Boatswain

Boatswain は、Docker サーバー上で Boatswain をランできる Docker Hub で利用可能であり、OS プラットフォームから独立しています。また、このプロジェクトは GitLab でホストされています。Boatswain に関する質問があればこちらからご連絡ください。

コンテナとして Boatswain を起動する

まず Boatswain のアカウントを作成し、BOATSWAIN_TOKEN を取得してください。このトークンを使用すると、 app.boatswain.ioDocker ログや Docker サーバーのステータスに関するその他の情報を読むことが可能になります。

docker run コマンドもしくは docker-compose を使用することにより、Boatswain コンテナを起動できます。

docker command を使用する場合

以下の BOATSWAIN_TOKEN をリプレイスし、Boatswain コンテナを起動します。

1
2
3
4
5
6
7
8
docker run --name boatswain \
  -e "BOATSWAIN_TOKEN=<TO_BE_REPLACED>" \
  -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \
  --pid host \
  --network host \
  --cap-add NET_ADMIN \
  --restart always \
  -d boatswainio/boatswain:latest boatswain

docker compose を使用する場合

以下の docker-compose.yml を作成し、BOATSWAIN_TOKEN を記入します。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
version: '3.2'
services:
  boatswain:
    image: boatswainio/boatswain:latest
    container_name: boatswain
    command: boatswain
    volumes:
      - "/var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock"
    pid: "host"
    network_mode: "host"
    cap_add:
      - NET_ADMIN
    restart: always
    environment:
      BOATSWAIN_TOKEN: <TO_BE_REPLACED>

そして以下コマンドで Boatswain コンテナを起動します。

1
docker-compose up -d

制限について

Boatswain をコンテナとしてランするほうがはるかに簡単ですが、app.boatswain.ioHost Status ページの Disk Utilization グラフには正しい値が表示されませんでした。これがホストインストールとの唯一の違いです。詳細については、弊社の docs ポータルを参照するか、こちらからご連絡ください。